厳しい残暑!2021年10月第1週目【サクシード(プロボックス)実燃費】

プロボックス・サクシードの実際の燃費はどれくらいなの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 2021年10月第1週目の実燃費
  • この燃費の背景

私は2015年式の後期型サクシード(1500ccFFCVT)を仕事とプライベートの両方で使用しています。

年間の走行距離は約2万キロほどで、その間に得られた実際の情報を皆さんに発信しています。

2021年10月第1週目の実燃費

前回の給油から328.8キロ走りました
満タン給油で19.8リッター入りました
平均燃費計の値は16.4キロ/リットルでした

2021年10月第1週目の実燃費は、燃費計の値で16.4キロ/リットル、満タン法の計算では走行距離÷給油量で16.60キロ/ リットルという結果になりました。

いずれの値も、前回の満タン給油時にリセットしてから、今回の満タン給油までの値を示しています。

前回ご報告した2021年9月第3週目の実燃費、燃費計読みで17.8キロ/リットル、満タン法の計算では約17.69キロ/リットルの値よりも、約1.2キロほど燃費が悪化しています。

私のサクシードは2015年式1500cc FFのグレードはTX、変速機はCVTです。

仕事用の荷物を常に100キロほど積んでいます。

排気量と駆動方式が同じであれば、プロボックスもサクシードもほぼ同じ車種ですので、プロボックスの実燃費としても参考になるかと思います。

2021年10月第1週目の実燃費は、燃費計の値で16.4キロ/リットル、満タン法の計算では16.60キロ/ リットルでした。

この燃費の背景

厳しい残暑

10月に入り、朝晩の気温はかなり落ち着いてきました。

しかし、日中はまだまだ残暑が厳しく、エアコンを付ける事もありました。

日差しがきつく、気温が30度を越える事もあり、かなり暑かったですが、それでも風は涼しく、真夏のような湿度の高さは無かったのが幸いでした。

朝晩は窓開けや送風で十分過ごせましたし、エアコン使用による燃費の低下は最小限でした。

日中は残暑が厳しく、エアコンを使用する事もあったことが、今回の燃費悪化に繋がりました。

高速道路をあまり走りませんでした

今回も前回と同様、高速道路の使用があまりありませんでした。

比率としては、走行距離の約3分の1が高速道路を走行したものと思います。

長距離を高速道路で移動する機会は無く、片道10~30キロ程度の高速道路利用に留まりました。

高速道路では基本的に経済速度の80キロ+αで走行するので、燃費の改善効果があります。

ストップアンドゴーの多い市街地走行の比率が多く、残暑の影響でエアコンの使用があったことが、今回の燃費結果に影響したと思います。

10月第1週目は前回に引き続き、仕事の都合で高速道路を走る機会が少なかったです。

タイトルとURLをコピーしました