亀岡市の老舗、宮本屋のメニューをご紹介します

  • 京都府亀岡市で和食が食べれる老舗のお店はないかな?
  • 宮本屋にはどんなメニューがあるのかな?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 宮本屋について
  • メニューのご紹介
  • アクセス

私はカフェや食べ歩きが好きで、多い時は月に10件以上のお店を訪問します。

京都で見つけたお気に入りのお店をご紹介します。

宮本屋について

宮本屋は創業昭和元年、およそ80年の歴史を持つ老舗の和食料理店です。

地元亀岡のものを中心に、新鮮な旬の素材を厳選して仕入れており、長い歴史に裏打ちされた確かな調理技術もあって、どのメニューを選んでも間違いがありません。

特に私が宮本屋に行って感じたのは、魚が美味しい事です。

お店は内陸にあり、海は全く近くないのですが、刺身が美味しくて驚きました。

おそらく、仕入れ時の魚の目利きが良いのだと思います。

宮本屋は亀岡市にある老舗の和食料理店です。

メニューのご紹介

上おばば弁当
上おばば弁当
上おばば弁当
夏のデザート
冬のデザート
土瓶蒸し
とうろう弁当
とうろう弁当
秋のデザート

ここでは、私が実際に宮本屋へ行った時に頂いたメニューを写真付きでご紹介します。

私は上おばば弁当やとうろう弁当などを頂きました。

お弁当の中身ももちろんですが、食後のデザートが季節のフルーツやアイスが出てくるので楽しみなのです。

上おばば弁当やとうろう弁当を写真付きでご紹介します。

アクセス

京都府亀岡市薭田野町佐伯大日堂32

宮本屋は亀岡市の郊外に位置します。

国道372号線の通称デカンショ街道沿いにあります。

電車の最寄駅からは遠く、バスを利用する必要があります。

お店の駐車場は広く、台数も相当数確保されていますので、宮本屋へのアクセスは車が便利だと思います。

電車でのアクセスの場合は、JR山陰線亀岡駅から京阪京都交通バスで20分、バス停の国道佐伯で下車し、徒歩約2分です。

車でのアクセスは、京都縦貫道亀岡ICから国道372号経由で約5分です。

宮本屋は亀岡市の郊外に位置し、駐車場があるので車でのアクセスが便利です。

タイトルとURLをコピーしました