エアコンメンテナンスの効果は?2022年7月第3週目【ダイハツムーヴカスタムLA100s実燃費】

ダイハツムーヴカスタムLA100sの実際の燃費はどれくらいなの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 2022年7月第3週目の実燃費
  • この燃費の背景

私は2013年式のダイハツムーヴカスタムLA100s(660cc FF CVT)をプライベートで使用しています。

ムーヴの年間走行距離は1万キロにも満たない程ですが、その間に得られた燃費やメンテナンスの情報を皆さんに発信しています。

2022年7月第3週目の実燃費

前回の給油から290.2キロ走りました
満タン給油で15.30リッター入りました
平均燃費計の値は16.7キロ/リットルでした

2022年7月第3週目の実燃費は、燃費計の値で16.7キロ/リットル、満タン法の計算では走行距離÷給油量で18.97キロ/ リットルという結果になりました。

いずれの値も、前回の満タン給油時にリセットしてから、今回の満タン給油までの値を示しています。

前回ご報告した2022年7月第1週目の実燃費、燃費計読みで14.1キロ/リットル、満タン法の計算では約15.11キロ/リットルの値よりも、約3キロほど燃費が改善しています。

我が家のムーヴは2013年式660ccNA 駆動方式はFFのグレードはカスタム、変速機はCVTです。

普段使用する荷物を常に10キロほど積んでいます。

ターボの有無と駆動方式が同じであれば、ムーヴもムーヴカスタムもほぼ同じ車種ですので、カスタムではないムーヴの実燃費としても参考になるかと思います。

2022年7月第3週目の実燃費は、燃費計の値で16.7キロ/リットル、満タン法の計算では18.97キロ/ リットルでした。

この燃費の背景

エアコンは常につけていました

2022年7月第3週目も連日猛暑日が続き、エアコンは常時つけていました。

エアコン無しではとても車で移動することは出来ません。

オートエアコンの26度設定で常に使用していました。

期間中にワコーズパワーエアコンプラスを施工したので、以前と比べるとエアコンの効きが良くなり、燃費への影響も少なくなっていると思います。

実際に以前までは常にエアコンの風量が全開に近く、なかなか冷えませんでしたが、ワコーズパワーエアコンプラスを施工後は冷えが良くなりしばらく走ると風量も下がってきます。

軽自動車ゆえにエアコンの負担も大きいので、より効果が感じられたのかも知れません。

2022年7月第3週目も連日猛暑日が続き、エアコンは常時つけていました。

荷物はフル積載でした

燃費計測期間中の走行距離のほどんどを、荷物フル積載状態で運転しました。

高速道路を使い遠出をした際に、かなりの量の荷物を積んでいた為です。

乗員3名と荷物を車内一杯まで積んでいましたので、フル乗車プラスアルファぐらいの車重となっていたと思います。

車重の増加は燃費にとって不利ですが、郊外と高速道路の走行がメインだった為、それなりに良好な燃費で走る事が出来ました。

夏場の気温が高い中で積載量も多く、長距離・長時間の移動を予定していましたので、エンジンオイルも純正の0w20からワコーズプロステージSの5w30に入れ換えていました。

いずれにしましても、暑さとフル積載と高速道路・長距離という、車にとっては過酷な状況での燃費記録となりました。

燃費計測期間中の走行距離のほどんどを、荷物フル積載状態で運転しました。

郊外と高速道路を走行しました

今回は走行距離のほとんどを郊外のバイパス道路と高速道路を走行しました。

隣の県まで遠出をした為です。

往路の約100キロを一般道の郊外で走行し、復路の約80キロを高速道路で走行しました。

一般道では郊外のバイパス道路を走る事がほとんどで、特に渋滞も無く法定速度を守って走行しました。

高速道路では法定速度の80キロプラスアルファで走行し、特に大きな渋滞には巻き込まれませんでした。

一般道の信号待ちではアイドリングストップを作動させており、先日スパークプラグをNGKのプレミアムRXプラグに交換した効果なのか、エンジンの再始動時には掛かり具合が良かったように感じました。

今回は走行距離のほとんどを郊外のバイパス道路と高速道路を走行しました。

タイトルとURLをコピーしました