朝晩はより寒く!2021年11月第1週目【サクシード(プロボックス)実燃費】

プロボックス・サクシードの実際の燃費はどれくらいなの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 2021年11月第1週目の実燃費
  • この燃費の背景

私は2015年式の後期型サクシード(1500ccFFCVT)を仕事とプライベートの両方で使用しています。

年間の走行距離は約2万キロほどで、その間に得られた実際の情報を皆さんに発信しています。

2021年11月第1週目の実燃費

前回の給油から255.2キロ走りました
満タン給油で16.75リッター入りました
平均燃費計の値は15.5キロ/リットルでした

2021年11月第1週目の実燃費は、燃費計の値で15.2キロ/リットル、満タン法の計算では走行距離÷給油量で15.23キロ/ リットルという結果になりました。

いずれの値も、前回の満タン給油時にリセットしてから、今回の満タン給油までの値を示しています。

前回ご報告した2021年10月第3週目の実燃費、燃費計読みで15.5キロ/リットル、満タン法の計算では約15.21キロ/リットルの値よりも、約0.3キロほど燃費が悪化しています。

私のサクシードは2015年式1500cc FFのグレードはTX、変速機はCVTです。

仕事用の荷物を常に100キロほど積んでいます。

排気量と駆動方式が同じであれば、プロボックスもサクシードもほぼ同じ車種ですので、プロボックスの実燃費としても参考になるかと思います。

2021年11月第1週目の実燃費は、燃費計の値で15.2キロ/リットル、満タン法の計算では15.23キロ/ リットルでした。

この燃費の背景

本格的な気温の低下

11月に入り、朝晩は冬を感じさせるくらいの気温となりました。

日中でも20度に届かない日もあり、エアコンを付ける事は無くなり、朝晩はヒーターを使う事も多くなりました。

暖気運転にも気を使うほどの気温となり、ヒーターは出来るだけ水温が暖まってから使うように心掛けました。

日中でもエアコンを使用する事は無くなった為、燃費にはプラス要因となりますが、その分暖気には時間が掛かるようになり、今回は前回と比較して若干の燃費悪化となりました。

高速道路の使用頻度がさらに減りました

今回は前回と比較すると、高速道路の使用がさらに減りました。

比率としては、走行距離の約6分の1程度、高速道路を走行したものと思います。

長距離を高速道路で移動する機会は無く、たまに片道10~30キロ程度の高速道路利用を数回行った程度です。

高速道路を利用する機会がかなり少なくなったので、燃費的には厳しいのではないかと思っていましたが、計測結果的にはそこまでの差は無く、若干の悪化で留まりました。

私のサクシードはミッションがCVTなので、ストップアンドゴーの多い市街地走行の比率が多くても、燃費に対する影響は少ないのかと勝手に推測しています。

11月第1週目は、前回よりも高速道路を走る機会が減りましたが、燃費は若干の悪化で留まりました。

タイトルとURLをコピーしました