ハリオのコーヒーミル他おすすめ5選について。

私が使用しているハリオのコーヒー用品です

皆さんこんにちは。purosaku24です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

今回は、ハリオのコーヒーミル他おすすめ5選について。

この件のお話しをさせて頂きます。

  • ペーパードリップでコーヒーを淹れたいけど何を準備すればいいの?
  • コーヒーに関する様々なものがあるけどどれを選べばいいの?

このような疑問をお持ちの方にはひとつの例として参考になると思いますので、もしよろしければご覧ください。

コーヒー用品は多くのメーカーから様々なものが販売されています。

私も今までに様々なものを試してきた結果、今使っているハリオのものにたどり着きました。

この記事が皆様の生活に少しでもお役に立てれば幸いです。

それではいきましょう。

ハリオのコーヒーミル他おすすめ5選について。の結論

ハリオのコーヒーミル他おすすめ5選について。

の結論としては、次の6つが挙げられます。

  1. ハリオの製品がおすすめです。
  2. ハリオの手動ミルがおすすめです。
  3. ハリオのドリッパーがおすすめです。
  4. ハリオのケトルがおすすめです。
  5. ハリオのサーバーがおすすめです。
  6. ハリオのカップがおすすめです。

それぞれの項目を説明させて頂きます。

ハリオの製品がおすすめです。

私はハリオの製品でコーヒー用品を揃えています。

ハリオは老舗の耐熱ガラスメーカーで、日本に工場を持っています。

その製品は喫茶店やカフェなどプロの現場でも使用されています。

私は特にデザインと使いやすさを気に入っており、愛用しています。

また、同じメーカーの製品で揃えるとデザインの統一感も出て、インテリアとしてもおしゃれになります。

他にコーヒー用品で有名なメーカーはカリタやメリタなどがあります。

ハリオの手動ミルがおすすめです。

ミルは手動のものがおすすめです。

おすすめする理由(メリット)は

  • 価格が電動と比べて手頃
  • 豆の挽き加減が均一になりやすい
  • コンパクトで収納しやすい
  • 手で回してゆっくり挽くので摩擦熱による豆の劣化を防げる
  • メンテナンスが簡単

逆に手動ミルのデメリットは

  • 手動なので手が疲れる
  • コーヒーを淹れる回数が多いと嫌になるかも

筆者が考える電動ミルのメリットはこちら

  • 電動で挽けるのでとにかく楽で早い
  • プロペラ刃なら安い物もある
  • 毎日毎回豆を挽いても苦にならない

デメリットはこちら

  • 安いプロペラ刃は挽きすぎて雑味の元となる微粉が出やすい
  • 水洗いが出来ない物がある
  • 手動と比べて価格が高め

私は手動のハリオセラミックスリムミルを愛用しています。

ハリオのセラミックスリムミル

ハンドルが長いので思ったよりも軽い力で豆を挽くことができます。

また、本体もスリムで手に持って豆を挽くことができるので、力を入れやすいです。

長いハンドルは収納時にかさばりますが、外してふちに掛けることができますので、コンパクトに収納可能となっている点もポイントです。

豆を入れる箇所は大きく開くので、豆を入れやすく掃除もしやすいです。

また、フタは透明なので挽いている豆の残量などもよく見えます。

挽かれた豆は下の容器に溜まります。

こぼれたり散らかったりすることはありません。

淹れる杯数の目盛りが付いているのもポイントです。

裏と表にそれぞれマグカップとコーヒーカップに対応した目盛りが書かれています。

挽き目の粗さはダイヤルを締めたり緩めたりすることで微調整できます。

ダイヤルはカチカチと音がするタイプで、全部締め込んだ状態からどれだけ緩めるかで調整していきます。

私は全部締め込んだ状態から12回音を出して緩めた状態が、ちょうどいい豆の挽き加減だと思いますので、そこに合わせて調整しています。

刃はセラミック製となっています。

石臼のような感じで豆を挽く構造になっています。

この構造は雑味の原因となる微粉が出にくく、均一に豆を挽くことができます。

セラミック製の刃なので、水洗いしても錆びの心配がありません。

非常に細かく分解でき、細部まで部品単位で清掃することができます。

もちろん本体も水洗いできます。

組立も簡単で、メンテナンスがしやすい造りになっています。

ハリオのドリッパーがおすすめです。

ハリオのドリッパーは喫茶店やカフェなどで使われていることも多く、信頼と実績のあるドリッパーです。

素材はプラスチックや金属など様々あるのですが、私のおすすめは陶器です。

陶器は一度温められたら冷めにくい性質を持っていますので、温度変化を極力抑えるという点でコーヒー抽出に向いています。

ハリオのケトルがおすすめです。

コーヒーを上手に淹れようと思うと、注ぎ口の細いケトルが欠かせません。

それは少しずつ、そして優しくお湯を注ぐ必要がある為で、普通のヤカンでは注ぎ口が太すぎて少しずつ優しくお湯を注ぐことが難しくなります。

私はハリオのケトルを使用しています。

このモコモコしたデザインが気に入っているのと、道具をハリオで統一しようと思い使っています。

ガス火とIHの両方の熱源に対応している点もポイントです。

ハリオのサーバーがおすすめです。

サーバーはハリオのサーバーを使用しています。

写真のように面がまっすぐなタイプと、ケトルのようにモコモコとしたデザインのタイプ、2種類があります。

取手の出っ張りが最小限なので収納に便利です。

また電子レンジでの温めにも対応しており、使いやすいサーバーです。

ハリオのカップがおすすめです。

カップはハリオのカップを使用しています。

元々ペアカップを探していたのですが、デザインが気に入ったのと、電子レンジでの温めにも対応していることから購入しました。

実際に使ってみるとなかなか使いやすく、特に取手が付いているので熱い飲み物を入れても平気なところが気に入っています。

ハリオのコーヒーミル他おすすめ5選について。のまとめ

美味しいコーヒーを淹れるには道具選びが重要です。

今回は私が使用しているハリオの製品をご紹介させて頂きました。

コーヒー用品には他にもカリタやメリタなどの有名メーカーがあります。

これらのメーカー製であればデザインや好みによって選んでも大きな問題はないと思いますが、やはり私はハリオの道具をおすすめしたいと思います。

私も過去にカリタやメリタの製品を使ったことがありましたが、今使っているハリオの製品が個人的には一番使いやすく感じたからです。

今回もpurosaku24のブログをご覧頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました