ミミカキスト必見!匠の技チタン製耳かき棒が良い3つの理由

  • 竹の耳かき棒ではダメなの?
  • チタン製耳かき棒の使い心地は?
  • チタン製耳かき棒のメリットは?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 医療器具にも使われるチタン
  • 消毒も出来て衛生的
  • 金属なので耐久性が高い

毎日耳かきをしてしまうミミカキストの筆者が、チタン製の耳かき棒をレビューします。

医療器具にも使われるチタン

チタンという金属は医療器具に多く使われています。

その理由は、チタンという金属が金属アレルギーを起こしにくい素材だからです。

例えば、インプラントの歯や人工関節など、直接身体に触れる部分に使用されています。

チタンは酸素と反応して表面に皮膜を形成し、何らかの理由でそれが傷ついたとしても皮膜を瞬時に再形成し、金属イオンが溶け出すことがありません。

つまり、チタンという金属は体内に埋め込んで使っても、金属アレルギーを起こしにくく安心できる金属だということです。

耳かき棒も直接人体に触れるものなので、チタン製の耳かき棒が理に叶っている気がします。

チタンという金属は医療器具に多く使われています。

消毒も出来て衛生的

チタン製耳かき棒は金属なので、アルコール消毒も出来て衛生的に使えます。

竹の耳かき棒では染み込んでしまうのでアルコール消毒などはしにくいですが、金属なら熱湯消毒さえ可能です。

清潔に保ちやすいので、耳が炎症を起こすことを減らせる可能性があります。

チタン製耳かき棒は金属なので、アルコール消毒も出来て衛生的に使えます。

金属なので耐久性が高い

チタン製耳かき棒は金属なので耐久性が高いです。

耳かき棒の先端の折れ曲がっている部分は薄くて繊細なので、破損のリスクがあります。

耐久性を重視して分厚くすると耳の奥まで入りません。

竹の耳かき棒などは、たまにこの先端が折れてしまいます。

チタン製の耳かき棒は、先端が薄くて繊細ですが、金属なので折れるということはまずありません。

竹よりも強度があるので、より細く薄く、使いやすい形状になっています。

おそらく、チタン製の耳かき棒は普通に使っていれば一生モノと言えそうです。

タイトルとURLをコピーしました