春~梅雨の燃費!2022年5月第3週目【サクシード(プロボックス)実燃費】

プロボックス・サクシードの実際の燃費はどれくらいなの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 2022年5月第3週目の実燃費
  • この燃費の背景

私は2015年式の後期型サクシード(1500cc FF CVT)を仕事とプライベートの両方で使用しています。

年間の走行距離は約2万キロほどで、その間に得られた実際の情報を皆さんに発信しています。

2022年5月第3週目の実燃費

前回の給油から284.8キロ走りました
満タン給油で17.30リッター入りました
平均燃費計の値は16.3キロ/リットルでした

2022年5月第3週目の実燃費は、燃費計の値で16.3キロ/リットル、満タン法の計算では走行距離÷給油量で16.46キロ/ リットルという結果になりました。

いずれの値も、前回の満タン給油時にリセットしてから、今回の満タン給油までの値を示しています。

前回ご報告した2022年5月第1週目の実燃費、燃費計読みで16.1キロ/リットル、満タン法の計算では約16.01キロ/リットルの値よりも、約0.3キロほど燃費が改善しています。

私のサクシードは2015年式1500cc FFのグレードはTX、変速機はCVTです。

仕事用の荷物を常に100キロほど積んでいます。

排気量と駆動方式が同じであれば、プロボックスもサクシードもほぼ同じ車種ですので、プロボックスの実燃費としても参考になるかと思います。

2022年5月第3週目の実燃費は、燃費計の値で16.3キロ/リットル、満タン法の計算では16.46キロ/ リットルでした。

この燃費の背景

高速道路を少しだけ走行しました

今回は高速道路を走行する機会が少しだけありました。

比較的近い距離の移動がメインとなりましたので、走行距離のそのほとんどが一般道での走行となりました。

そのうち高速道路を走行した距離は10キロ~20キロ程度で、走行方法はいつもの通り経済速度の80キロ+αで左車線を一定速度でした。

過去の燃費記録から、一般道よりも高速道路のほうが燃費の伸びが良く、一般道の走行がメインとなった場合は燃費が悪化する傾向にありました。

ですが、今回の燃費はそこまで悪い数字にはなっていません。

気温が上がりエンジンの熱効率が良くなってきた事が要因なのかもしれません。

今回は高速道路を走行する機会が少しだけありました。

エアコンは少しだけ使用しました

5月も後半に入り、日中は気温が30度に迫るような夏日の日もありましたが、エアコンの使用は必要最低限に抑えました。

エアコン、特にクーラーは燃費に対する悪影響が大きいことは、過去の燃費記録からも明らかなので、燃費を稼ごうとすると使い方を工夫する必要があります。

基本的には運転席と助手席の窓を開けて風を通す事で、暑さをやり過ごしました。

郊外のバイパス道路を一定速度で走っている時など、エアコンを使用しても燃費への悪影響が少ない走行シーンでは、短時間ですがクーラーを付ける事もありました。

30度にも迫る気温の中で車のクーラーを使わないというのは、苦行以外の何物でもないかも知れませんが、私自身はそこまで苦ではありませんでした。

かといってエアコンを全く使わないのも機械にとって良くないので、システム維持の観点から使用したというのが正しい表現になるかも知れません。

5月も後半に入り、日中は気温が30度に迫るような夏日の日もありましたが、エアコンの使用は必要最低限に抑えました。

タイトルとURLをコピーしました