早くも夏日!2021年6月第3週目【サクシード(プロボックス)実燃費】

プロボックス・サクシードの実際の燃費はどれくらいなの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 2021年6月第3週目の実燃費
  • この燃費の背景

私は2015年式の後期型サクシード(1500ccFFCVT)を仕事とプライベートの両方で使用しています。

年間の走行距離は約2万キロほどで、その間に得られた実際の情報を皆さんに発信しています。

2021年6月第3週目の実燃費

前回の給油から467キロ走りました
満タン給油で25.76リッター入りました
平均燃費計の値は18.0キロ/リットルでした

2021年6月第3週目の実燃費は、燃費計の値で18.0キロ/リットル、満タン法の計算では走行距離÷給油量で18.1キロ/ リットルという結果になりました。

いずれの値も、前回の満タン給油時にリセットしてから、今回の満タン給油までの値を示しています。

前回ご報告した2021年6月第1週目の実燃費、燃費計読みで17.0キロ/リットル、満タン法の計算では約17.2キロ/リットルの値よりも、約1キロほど燃費が向上しています。

私のサクシードは2015年式1500cc FFのグレードはTX、変速機はCVTです。

仕事用の荷物を常に100キロほど積んでいます。

排気量が同じであれば、プロボックスもサクシードもほぼ同じ車種ですので、プロボックスの実燃費としても参考になるかと思います。

2021年6月第3週目の実燃費は、燃費計の値で18.0キロ/リットル、満タン法の計算では18.1キロ/ リットルでした。

この燃費の背景

さらなる気温の上昇

6月も後半になり、昼間は30度を越えるような夏日の日も増えてきました。

ここまで気温が上がりますと、日中はエアコンを付けなければ運転出来たものではありません。

エアコンを付けるともちろん燃費は悪化気味なのですが、朝晩の比較的過ごしやすい時間帯はエアコンを切っていました。

すると燃費計の値はどんどん伸びていき、冬場よりも燃費が良い瞬間もありました。

気温が上がればエンジンの熱効率は上がりますので、基本的には燃費は伸びるはずなのですが、エアコンを使いますのでその分が相殺されているイメージです。

夏場の燃費は、エアコンをいかに節約するかに掛かっているようです。

気温が日中30度を越えるような日もあり、エアコンも日中は付けていたというのが、今回の燃費の背景になります。

エアコンの使用頻度

エアコンは日中を中心に付けていました。

温度設定は一番低い状態で運転し、十分に冷えてきたらエアコンを切って、送風と外気の換気で過ごしていました。

エアコンを付けている時と切っている時とで燃費計の動きが全く異なります。

また車の加速感もエアコンのオンオフで変化があるので、それだけエアコンの負荷があるのだと思います。

日中の暑い時間帯はエアコンを付けていました。

タイトルとURLをコピーしました