サクシード(プロボックス)ドライブシャフトオイルシール交換

ドライブシャフト付根のオイルシール

プロボックス・サクシードのドライブシャフトの付根からミッションオイルが漏れている、原因はドライブシャフトオイルシールの劣化?交換の費用は?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • サクシードのミッションオイル漏れが発生しました
  • ドライブシャフト付根のオイルシールを交換しました
  • 交換費用について

私は2015年式の後期型サクシード(1500ccFFCVT)を仕事とプライベートの両方で使用しています。

年間の走行距離は約2万キロほどで、その間に得られた実際の情報を皆さんに発信しています。

サクシードのミッションオイル漏れが発生しました

サクシードのミッションオイル漏れが発生しました。

オイル交換時に発見されたもので、漏れといってもまだ滲む程度で、ミッションケースにオイルの湿り気があった為発見に至りました。

とりあえずパーツクリーナーで油分を落とし、次回のオイル交換まで様子を見ることにしました。

しかし、次のオイル交換時に見てみると、やはり滲みが発生しており、少しずつでもミッションオイルが漏れていることが確定しました。

この漏れが進行し、滴が垂れる程になってくると、オイル漏れとして車検にも引っ掛かることになりますので、修理することにしました。

サクシードのミッションオイルが滲み、漏れが発生しているようなので修理することにしました。

ドライブシャフト付根のオイルシールを交換しました

リフトアップ
下回り
ドライブシャフト付根オイルシール
ドライブシャフト付根オイルシール

ミッションオイルの漏れは、ドライブシャフトの付根にあるオイルシールが劣化したことが原因でした。

走行距離は10万キロちょっとですが、それくらいの走行距離でもオイルシールがダメになり漏れる車はあるようです。

特に悪路や砂が多いところなどを走行する機会が多い場合は、オイルシールに対する負担も大きくなり漏れやすいようです。

高速回転するドライブシャフトの回転軸に触れながら、オイルが漏れないように保持しているオイルシールの役割は偉大ですが、やはり劣化は避けられないようです。

今回のミッションオイル漏れは、ドライブシャフトの付根にあるオイルシールが劣化したことが原因でした。

交換費用について

ドライブシャフト付根のオイルシール交換は、タイヤやブレーキ周りを取外し、ドライブシャフトも抜いてからの交換になりますので、特に工賃が高くなる傾向です。

また、ドライブシャフトは左右に付いており、オイルシールの交換も左右同時に行うことが理想的です。

左右は同じように回転している訳で、どちらかが劣化すれば、もう片方のほうも劣化している可能性が高いからです。

私のサクシードはFF(前輪駆動)ですが、左右のドライブシャフトオイルシール交換となると、工賃だけでも3万円ほどは掛かると思います。

今回は、車両を購入したお店に交換作業をお願いしたこともあり、左右の交換で部品代も込みで1万5千円という破格で行って頂けました。

ドライブシャフト付根のオイルシール交換は、タイヤやブレーキ周りを取外し、ドライブシャフトも抜いてからの交換になりますので、特に工賃が高くなります。

タイトルとURLをコピーしました