プロボックス・サクシードの内装で便利なポイント12選。

皆さんこんにちは。purosaku24です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

今回は、質実剛健!プロボックス・サクシードの内装ポイント12選について。

この件のお話しをさせて頂きます。

  • ドリンクホルダーと収納の位置や使い方は?
  • スイッチ類の質感はどうなの?

このような疑問をお持ちの方にはひとつの例として参考になると思いますので、もしよろしければご覧ください。

プロボックス・サクシードの内装は、商用車らしく機能性重視でシンプルに造られている印象です。

その無骨さと機能美が良いと思う方もおられるかもしれません。

この記事が皆様のカーライフに少しでもお役に立てれば幸いです

それではいきましょう。

*今回ご紹介する内装品のうちパワーウインドウスイッチについてはグレードにより有無や仕様が異なります。また他の装備品に関しましてもグレードにより形状や装飾が異なる可能性もありますのでご了承下さい。

質実剛健!プロボックス・サクシードの内装ポイント12選について。の結論

質実剛健!プロボックス・サクシードの内装ポイント12選について。

の結論としては次の12個が挙げられます。

  1. ドリンクホルダーは4箇所あります。
  2. 紙パックも置けるドリンクホルダーがあります。
  3. シガーソケットはセンター小物入れ内にあります。
  4. センター小物入れ内は照明が点きます。
  5. センターコンソールがフラットなのが便利です。
  6. ハンドル下に収納があります。
  7. 大きなドアポケットがあります。
  8. テーブル下にA4バインダーが入る隙間収納があります。
  9. ハンガーを掛けるフックがあります。
  10. パワーウインドウスイッチはシンプルです。
  11. グローブボックスは手前に開きます。
  12. 荷室の左側に収納があります。

それぞれの項目を説明させて頂きます。

ドリンクホルダーは4箇所あります。

1つ目のドリンクホルダーは運転席右側のエアコン吹き出し口付近にあります。↓

2つ目のドリンクホルダーは助手席ドアポケットにあります。↓

3つ目のドリンクホルダーはダッシュボードセンターにあります。↓

4つ目のドリンクホルダーはセンターコンソールに折り畳み式があります。↓

特に運転席右側のドリンクホルダーはエアコン吹き出し口の前にあるので、冬はヒーターで飲み物を温めることができますし、夏はクーラーで飲み物を冷やすことができます。

前席にはドリンクホルダーがたくさんある。

後部座席にはない。

紙パックも置けるドリンクホルダーがあります。

ダッシュボードセンターのドリンクホルダーはフタが付いている構造となっており、ドリンクホルダーとして使わない時は小物入れとして使うことができます。

さらに、フタを全て開くと紙パックの飲料が入る大きさのドリンクホルダーになります。


これは地味に便利です。

紙パックが置ける。フタをして小物入れになる。

紙パック飲料をあまり飲まない人にはどうでもいいかも。

シガーソケットはセンター小物入れ内にあります。

シガーソケットはセンター小物入れ内にあります。

キャップ付きで12V/120Wの記載があります。

フタ付きでダッシュボードの真ん中にあるので使いやすい。

少し場所が分かりにくいかも。

センター小物入れ内は照明が点きます。

センター小物入れには照明が付いています。

車幅灯(デイライト)と連動して点灯・消灯します。

小物入れ内をぼんやりと照らしてくれます。

車内のイルミネーションとしてはあり。

照らし方がぼんやりなので、ライトとしては使いにくい。

センターコンソールがフラットなのが便利です。

センターコンソールは低くフラットになっており、カバンなどを置くのに便利です。

前期型のプロボックス・サクシードではサイドブレーキがあった箇所ですが、後期型では足踏み式のパーキングブレーキになったので、広いスペースが生まれました。

表面は凸凹があり、滑り止め効果と傷が付きにくい仕様になっています。

さっとカバンを置くのに便利。

センターコンソールボックスはない。

ハンドル下に収納があります。

運転席ハンドルの下にも収納があります。

あまり大きくはないですが、小さいものなら入れることができます。

小物を入れれる。人目に付きにくい。

あまり大きい物は入らない。

大きなドアポケットがあります。

運転席・助手席共にドアに比較的大きなドアポケットがあります。

大容量のドアポケット。

雨の日はドアを開けたら中身が濡れる。

運転席側
助手席側

テーブル下にA4バインダーが入る隙間収納があります。

テーブルの下には、A4バインダーがちょうど入る大きさの隙間収納があります。

ipad程度であれば余裕で入れることができます。

また滑り止めも付いているので、運転中も暴れにくくなっています。

A4バインダーの他にタブレットなども入れれる。

分厚い物は入らない。

ipad air2 カバー付きを入れました。

ハンガーを掛けるフックがあります。

運転席後ろの後部座席には、ハンガーなどを掛けることができるフックが装備されています。

コートや上着など、軽いものであれば掛けることができます。

ハンガーがあれば服を掛けれる。

少しフックの引っ掛けるところが小さい。

パワーウインドウスイッチはシンプルです。

パワーウインドウの有無はグレードにより異なりますが、シンプルかつ必要最低限のスイッチといった感じです。

壊れた時に部品代が安そうなので、その点は良いのかもしれません。

万一故障しても部品交換はしやすそう。

高級感や質感は無い。

グローブボックスは手前に開きます。

プロボックス・サクシードのグローブボックスは半開きタイプで外から中身が少し見えます。

ハンドルを引くと手前に開くことができます。

ボックスティッシュやウエットティッシュくらいであれば余裕で入ります。

開口部があるので開かなくても中身を取り出せる。

開口部があるので中身が外から見えてしまう。

荷室の左側に収納があります。

トランクルームの左側に収納があります。

荷物が汚くてすみません。

私は普段はワコーズのバリアスコートを入れていつでも洗車できるようにしています。

トランクルームで散らかりそうな小物を入れておくことができる。

容量は思ったほどない。

質実剛健!プロボックス・サクシードの内装ポイント12選について。のまとめ

今回はプロボックス・サクシードの内装についてご紹介させて頂きました。

前席にはドリンクホルダーや収納がたくさんあり、かなり便利な印象です。

しかし、後部座席にはドリンクホルダーすら無いのでその点は少し残念です。

元々が後部座席を折りたたんで荷物を積むことを想定して設計されているだけに、仕方がないことなのかもしれません。

以前にご紹介したテーブルもプロボックス・サクシード特有の装備でしたが、紙パック飲料が入るドリンクホルダーが標準装備なのも珍しいのではないかと思います。

今回もpurosaku24のブログをご覧頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました