シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wのレビュー

  • シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wの購入を検討しているけど、実際に使ってみた感じはどうなの?
  • KC-J50-WやKC-L50-WやKC-H50-Wなど微妙に型式名が違う商品があるけど、どこが違うの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wについて
  • 実際に使ってみた感想
  • KC-J50-W、KC-L50-W、KC-H50-Wの違い
  • メンテナンスについて

子供が家に来ることになり、自宅の空気や湿度が気になったので、加湿空気清浄機を買ってみることにしました。

型落ちですが定価よりかなり安く買える、シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wを購入しましたのでレビューをしてみたいと思います。

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wについて

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wは、型落ち(2018年モデル)ながら後続モデルと変わらない性能を持ち、実売価格は定価の半額ほどと、コストパフォーマンスに優れた加湿空気清浄機となっています。

シャープの加湿空気清浄機には、KC-J50-W(2018年モデル)、KC-L50-W(2019年モデル)、KC-H50-W (2017年モデル)と、同じような型式名でその年ごとのモデルがあります。

型式名は違えど基本的な性能は同じで、プラズマクラスターや3重フィルター、Ag⁺イオンカートリッジなど各種機能を備えています。

一部、モデルごとの違いもありますが、その点は後述します。

いわば型落ちの加湿空気清浄機にはなりますが、最新の2021年モデルでも基本的な部分は大差ないことから、お買い得なモデルだと言えると思います。

私も加湿空気清浄機を選ぶ際にはかなり迷いましたが、2018年モデルのKC-J50-Wを定価の約半額で新品を購入しました。

おそらく、2017年モデルや2018年モデルでも加湿空気清浄機としてある程度完成された形なのでしょう。

とはいえ、やはりモデルイヤーが新しいほど、見えない部分の改良や公表されていない変更点等がある可能性もありますので、価格差が少ないのであればより新しい年のモデルを購入されても間違いはないと思います。

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wは、型落ち(2018年モデル)ながら後続モデルとほとんど変わらない性能を持ち、実売価格は定価の半額ほどと、コストパフォーマンスに優れた加湿空気清浄機です。

実際に使ってみた感想

それでは、実際にシャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wを使ってみた感想を述べたいと思います。

私も加湿空気清浄機を選んで購入する際には、かなり悩んだり迷ったりしたので、何かの参考になれば嬉しいです。

我が家では、人が一番よく集まるリビングの壁際に加湿空気清浄機を設置しました。

寝室ではまだ使用していないので、そのような主観や背景があることをご承知おき下さい。

それでは、次からは各機能や部品別に感想をまじえてご紹介していきます。

外観

スマホとの比較
スマホとの比較

外観は、有名なシャープの加湿空気清浄機ということもあり、スタイリッシュでかっこいいと思います。

ホテルや旅館でもよく使われているメーカーなので、自分の家に設置すると、部屋がランクアップしたかのような感じを受けました。

幅や奥行きよりも、本体の高さが結構あるので、床に直接置く場合は圧迫感はないと思いますが、何か家具の上などに置く場合は、その高さに注意する必要があると感じました。

また、これは外観とは関係無いかも知れませんが、背面にフィルターと吸気口があるので、壁などがある場合はある程度本体との隙間を開けないと、空気の清浄効果が低下します。

おしゃれでスタイリッシュ、知り合いが来ても加湿空気清浄機を設置していることをアピール出来るような外観を求めている方には、ぴったりなデザインだと思います。

操作ボタン

操作ボタンは上面に配置されており、上から見やすくて操作もしやすい設計になっています。

中心には空気の状態を表すイルミネーションが点灯しており、空気が綺麗な場合には緑色に、汚れている場合には赤色に、それぞれ変化します。

筆者は以前に、2016年モデルのシャープ製空気清浄機を所有し寝室で使用していたことがあり、その時のモデルは操作ボタンとイルミネーションが前面に付いており、夜寝る時はイルミネーションが明るすぎて寝苦しい思いをしたことがありました。

その点から言うと、今回のシャープ加湿空気清浄機KC-J50-Wは、操作ボタンとイルミネーションが上面に付いているので、夜にイルミネーションが眩しいといった事が起こりにくいのかと感じました。

ただ、もし本体を高い場所に設置したら、上面にあるボタンやイルミネーションはむしろ操作しにくく視認性に劣るとも言えると思います。

吹き出し口

前方への吹き出し口
後方への吹き出し口
閉めることも出来ます

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wの吹き出し口は、前後に2箇所あります。

浄化と加湿をしたキレイな空気を、前後の両方から吹き出すことによって、お部屋全体の空気の浄化効率を高めているのだと思います。

前方向にも空気が吹き出してくるので、加湿空気清浄機と人との距離が近いと、直接風が当たって不快に感じたり寒く感じたりすることもありそうです。

特に後ろの吹き出し口にはフタが付いており、そちらを閉める分散していた風が前方に集中し、さらに前方からの風が強くなる結果となります。

人に直接風が当たらないように、部屋の壁ぎわなどに設置するのが良いのではないかと思います。

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wの吹き出し口は、前後に2箇所あります。

フィルターについて

背面のプレフィルター
その下の活性炭フィルター
さらにその下のメインフィルター
フィルターを全て外したところ

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wのフィルターは、本体背面にあります。

フィルターは3重になっており、まずメインフィルターとその上に活性炭のフィルターが乗り、最後にプレフィルターという構造です。

プレフィルターは使い捨てで、新品の本体に付属品として3枚付いてきます。

本体背面のフィルター部分にマジックテープのシールを8箇所貼り、その上からプレフィルターを貼りつけるような構造です。

我が家ではプレフィルターの追加購入は特に考えていないので、マジックテープの糊が残ることを警戒し、マスキングテープを貼った上からマジックテープを貼りました。

プレフィルターは何のためにあるのかというと、空気を吸うフィルターの一番最初で大きなホコリやゴミをキャッチし、そのままはがすだけで捨てられるという手軽さが最大の売りです。

こまめに掃除機で吸気口を掃除出来る方には特に不要かと思います。

とりあえず我が家では付属している3枚は使っていこうと思います。

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wのフィルターは本体背面にあり、メインフィルター・活性炭フィルター・プレフィルターの3重構造となっています。

給水タンクについて

給水タンクは本体右側面にあります
手前に引き抜きます
給水タンク本体
給水口のフタです
フタのアップ
注ぎ口は大きいです
給水タンクには外側から水の残量が分かるように目盛り窓が付いています
満水線

加湿用の給水タンクは本体向かって右側面にあります。

容量は大きく、1リットル以上の水が入りそうですが、それでも冬の空気が乾燥している季節におまかせ運転で1日付けていると、半分以上の水が無くなります。

タンクの注ぎ口は大きめで、水を入れやすい構造になっていますが、タンク自体の高さが少しあるので、蛇口の高さが低いとタンクを斜めにして水を入れるような形となり、やりにくさを感じる事もあります。

また、使用する水は水道水のみで、浄水器の水などは腐敗の可能性があるので使用禁止となっています。

加湿用の給水タンクは本体向かって右側面にあります。

電源コードについて

電源コードは少し短め

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wの電源コードは、長さ約1.5mほどで、長過ぎず短過ぎずの絶妙な長さです。

特にコードリールが付いていて収納出来るようなタイプではなく、そのままだらーんと伸びているタイプなので、長過ぎる場合は束ねて、短過ぎる場合は延長するなどして対応する必要があります。

我が家では少しギリギリの長さでしたが、必要であれば延長コードで延長すれば特に問題は無いかと思います。

コンセントのアース線は無いタイプになります。

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wの電源コードは、長さ約1.5mほどで、筆者の感覚では少し短いかなと感じる絶妙な長さです。

運転音について

イルミネーションが赤くなるとパワフル運転(空気が汚れている)私が部屋に入って近づくとパワフル運転になりがち、汚れと認識しているのでしょう。何か少し感じ悪いです。

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wの運転音は、かなり静かだと思います。

我が家ではおまかせモードで常時運転させていますが、作動音が静かなので、寝る時もそのまま忘れて朝まで付けっぱなしの事がよくあります。

ただ、空気がキレイな内は静かですが、汚れてきて空気清浄機のパワーが上がってくると、少しだけうるさく感じる事はあります。

それも一時的な事で、すぐに空気がキレイになって作動音も静かになるので、大きな問題にはならないと思います。

シャープの加湿空気清浄機KC-J50-Wの運転音は、空気が汚れていて強パワーで運転しない限りは、かなり静かで付けているのを忘れるほどです。

KC-J50-W、KC-L50-W、KC-H50-Wの違い

ここでは、KC-J50-W、KC-L50-W、KC-H50-Wの違いについて解説します。

先にも述べましたが、これら型式名の違いは発売された年度の違いとなり、基本的な性能は同一の物となっています。

ただ、一部機能の有無に差があるなど、違いが全く無い訳ではありません。

発売年度が古くなるほど、新品でも安く購入出来ると思いますので、参考にして頂ければと思います。

次からは、KC-J50-W、KC-L50-W、KC-H50-Wのそれぞれの違いについて詳しく解説していきます。

KC-J50-W

KC-J50-Wは2018年発売のモデルになります。

基本性能として、プラズマクラスター7000、スピード循環気流、3重フィルター、パワフル吸じん運転、Ag⁺イオンカートリッジ、これら5つの機能を備えています。

本体のカラーはホワイトとグレーが発売されており、ホワイトは型式名の末尾に-Wが付き、グレーは型式名の末尾に-Hが付きます。

筆者は2021年12月にこのKC-J50-Wホワイトを購入しましたが、定価の約半額で購入する事が出来ました。

KC-L50-W

KC-L50-Wは2019年発売のモデルになります。

基本性能としてはKC-J50-Wと変わらず、プラズマクラスター7000、スピード循環気流、3重フィルター、パワフル吸じん運転、Ag⁺イオンカートリッジ、これら5つの機能を備えています。

本体のカラーはホワイトのみとなり、末尾に-Wが付きます。

筆者が加湿空気清浄機の購入を検討した際には、先にご紹介した2018年モデルのKC-J50-Wと、この2019年モデルのKC-L50-Wが最後まで候補として残りました。

両方とも実売価格にほとんど差は無く、若干2018年モデルのKC-J50-Wが安いくらいでした。

KC-L50-Wは2019年発売のモデルになり、2018年モデルのKC-J50-Wと性能的には同一の製品です。

KC-H50-W

KC-H50-Wは2017年発売のモデルになります。

基本性能としてはKC-J50-WやKC-L50-Wと変わらず、プラズマクラスター7000、スピード循環気流、3重フィルター、パワフル吸じん運転、Ag⁺イオンカートリッジ、これら5つの機能を備えています。

本体のカラーはホワイトのみとなり、末尾に-Wが付きます。

KC-H50-Wの特徴として、明るさセンサーとチャイルドロック機能が装備されている点が挙げられます。

明るさセンサーとは、暗くなると自動で静音運転に切り替わる機能で、チャイルドロックと共に2018年モデルのKC-J50-Wと2019年モデルのKC-L50-Wには装備されていません。

年式も古くなっているので、新品で販売している事も少ないとは思いますが、目に見えない部分も改良されている可能性もあるので、個人的には2018年モデルか2019年モデルを買うことをおすすめします。

メンテナンスについて

ここでは、2018年モデルのKC-J50-Wを実際に使っている筆者が行う、メンテナンスをご紹介します。

加湿空気清浄機なので、給水タンクに水を補給したり、フィルターの清掃などが必要になってきます。

メーカーのサイトや取扱説明書にも載っていない情報も含まれますので、何かの参考になれば幸いです。

次からは、2018年モデルのKC-J50-Wを実際に使っている筆者が行う、メンテナンスを項目別にご紹介していきます。

給水タンクに水を補給

我が家では、加湿空気清浄機のKC-J50-Wを常につけっぱなしで使っています。

モードはおまかせモードで、加湿と空気清浄を24時間行っています。

12月の例ですが、朝に給水タンクに満タンに水を補給して、約12時間後の夕方には空になります。

タンクにはかなりの水が入るので、それが全て加湿に使われたと思うと驚きですが、それだけ冬の空気が乾燥しているという事でしょう。

おまかせモードは常に適切な湿度に保つ機能なので、加湿のし過ぎの心配はありません。

KC-J50-Wは、12月の乾燥した空気の中、おまかせモードで約12時間運転すると、給水タンクが空になりました。

タイトルとURLをコピーしました