orage r8 hybridのメンテナンス、サイドブラシを交換しました

  • orage r8 hybridの消耗品はあるの?
  • メンテナンスはどうやってやるの?
  • サイドブラシの交換方法や寿命は?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • orage r8 hybridのサイドブラシが寿命を迎えました
  • サイドブラシの交換方法
  • orage r8 hybridの補修部品について
  • サイドブラシの寿命はどれくらい?
  • 新旧サイドブラシの比較

筆者がorage r8 hybridのロボット掃除機を購入してから1年半くらいの月日が経ちました。

ほぼ毎日のように働いてもらっています。

今回は、サイドブラシが寿命を迎えたので、その交換方法などをご紹介します。

orage r8 hybridのサイドブラシが寿命を迎えました

スマホアプリから消耗品の劣化具合が確認出来ます。まず、掃除画面からもっと見るをタップします。
次の画面でメンテナンスをタップします
各消耗品の残り寿命が表示されます。サイドブラシが寿命を迎えていますので、交換していきます。

orage r8 hybridのサイドブラシが寿命を迎えましたので交換します。

スマホアプリのメンテナンス画面から各消耗品の残り寿命が確認出来るのですが、サイドブラシが寿命を迎えていたので交換しようと思いました。

交換作業自体は5分程で終わります。

また必要な工具もプラスドライバー1本だけなので、比較的簡単に交換出来ます。

交換することで、きっと以前よりも良くゴミを吸い取ってくれるようになるはずです。

ということで今回は、orage r8 hybridのサイドブラシ交換をご紹介します。

サイドブラシの交換方法

我が家の1年半ほぼ毎日使用したorage r8 hybridです
裏返します
サイドブラシのアップ、毛先が乱れているのと少し黄ばんでいます。
真ん中のプラスネジ1本を外します。逆ネジではなく順ネジです。
ネジを外すと上に引き抜くだけで外れます
差し込む穴は六角になっています。髪の毛などが絡み付いていたら取り除きます。
新品のサイドブラシです。ネジは再利用して移植します
プラスネジを締めて固定します。六角の軸にきちんと差し込んでからネジを締めるように注意します。
取り付けが完了しました。ネジ穴は樹脂なのでネジの締めすぎには注意します。
古いブラシは破棄します。長い間お疲れ様でした

サイドブラシの交換は比較的簡単で、プラスドライバーでネジを1本締めたり緩めたりするだけです。

本体を裏返すとサイドブラシが丸見えになりますので、作業もしやすいと思います。

私が交換した際にも、5分程で交換作業が終わりました。

ネジを外して新しいブラシに付け替えるだけです。

ネジを締める際にはまっすぐ直角に締めていく事と、ネジの締めすぎには注意が必要だと思いました。

サイドブラシの交換は簡単で、プラスドライバーがあれば5分程で終わります。

orage r8 hybridの補修部品について

orage r8 hybridの補修部品セットです
サイドブラシの新品です

orage r8 hybridの補修部品は、フィルターやブラシなどがネット通販で売られています。

orage r8 hybridの補修部品を販売する実店舗はおそらく無いので、ネットで購入するのが間違いないと思います。

私が購入した消耗部品は、フィルターセットが3個にサイドブラシが3個、メインブラシが1個のセットとなっており、楽天市場で購入しました。

価格はセットで税別2980円でした。

消耗部品をあらかじめ用意しておく事で、本来の性能を維持したままより快適にロボット掃除機を使用出来ると思います。

orage r8 hybridの補修部品は、楽天市場などネット通販で購入することが出来ます。

サイドブラシの寿命はどれくらい?

サイドブラシを新品に交換したあとは、残り寿命のリセットを行います。
サイドブラシの残り寿命がリセットされ、200時間と表示されています。

サイドブラシの寿命はおよそ200時間です。

メンテナンス画面で交換後に寿命をリセットするのですが、リセット後は残り寿命が200時間となります。

実際に使用してきた感覚としては、1年半の間ほぼ毎日のように使用して寿命を迎えた訳なので、そんなもんかなといった印象です。

見た目にも劣化しているのが分かったので、やはりメンテナンススケジュールに従って交換しておくのが無難かと思います。

サイドブラシの寿命はおよそ200時間です。

新旧サイドブラシの比較

左が新品、右が1年半使用した古いサイドブラシです
古いほうは毛先が痛み、広がり、全体的に黄ばんでいます。軽く変形も見られます。

最後に、交換した新旧サイドブラシの比較を行ってみました。

新品のブラシと1年半使用したブラシの差を検証したかったためです。

新品のサイドブラシと比較すると1年半使用した古いサイドブラシは、毛先が痛んで広がり、全体的に黄色く変色していました。

また、回転方向に少し変形しているようにも見えました。

使用中は常に回転し、磨耗する部品なので、やはり相応の劣化はするようです。

新旧サイドブラシの比較を行ってみました。

タイトルとURLをコピーしました