前払いチケット式コインパーキングを利用する際に注意すべきこと3選

  • 最近になって前払いチケット式のコインパーキングが増えてきたけど、どうやって使うの?
  • 利用する際の注意点は何かあるの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 駐車したらすぐにチケットを買う
  • チケットは外から見える位置に
  • 料金に注意

プライベートで毎日のようにコインパーキングを利用している筆者が、自らの体験と経験を元に情報を発信しています。

また、コインパーキング業界に10年以上在籍している知人から聞いた情報を元に、記事を編集しています。

皆様のコインパーキングにおける疑問やトラブルに少しでもお役に立てれば幸いです。

駐車したらすぐにチケットを買う

前払いチケット式のコインパーキングでは、駐車してからすぐにチケットを購入する必要があります。

前払いチケット式のコインパーキングには、ロック板やゲートバーなどは無く、利用者がチケットを購入して掲示する形で駐車が可能となっています。

不正利用防止の観点から、巡回・点検なども頻繁に行われる傾向にあり、もし駐車していてチケットを購入していない事が分かると、不正駐車として取扱いを受ける可能性があります。

駐車場のどこかには必ずチケット発券機があると思いますので、駐車後は速やかにチケットを購入する必要があります。

チケットは外から見える位置に

購入したチケットは、車の外から見える位置に掲示する必要があります。

チケットには購入した日時と駐車可能な日時が記載されている事が多く、掲示する事で正規に利用している事を示す事になります。

ダッシュボードなど、車の外から見えやすい位置にチケットを掲示するのが良いでしょう。

チケットを購入したとしても、持ち歩いて車内に掲示していなかった場合は、巡回時に不正駐車として取締りを受ける可能性があります。

購入したチケットは、車の外から見える位置に掲示する必要があります。

料金に注意

前払いチケット式のコインパーキングは、ゲート式やフラップ式に比べて料金が割安な事が多いですが、短時間利用の場合は逆に高くつく可能性があります。

前払いチケット式のコインパーキングは、最低利用時間が長い事が多く、30分などの短時間利用する場合は、料金が割高になる事があります。

例えば、24時間500円の前払いチケット式のコインパーキングと、30分200円のフラップ式のコインパーキングでは、30分だけ利用する場合はフラップ式の方が料金が安くなります。

24時間500円と聞くと、割安感があるように思えますが、たとえ30分だけの利用でも500円の料金が掛かってきます。

駐車する時間に合わせてコインパーキングを選定する事が、無駄な料金を払わない秘訣かも知れません。

前払いチケット式のコインパーキングは、ゲート式やフラップ式に比べて料金が割安な事が多いですが、短時間利用の場合は逆に高くつく可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました