コインパーキングで精算する番号を間違えた時の対処法と予防法

落ち込む
  • コインパーキングで精算する番号を間違えてしまった!どうすればいいの?
  • 番号を間違えないようにする予防法ってあるの?

このような疑問にお答えします。

この記事の内容

  • コインパーキングで精算する番号を間違えた時の対処法
  • 番号を間違えない為の予防法

プライベートで毎日のようにコインパーキングを利用している筆者が、自らの体験と経験を元に情報を発信しています。

また、コインパーキング業界に10年以上在籍している知人から聞いた情報を元に、記事を編集しています。

皆様のコインパーキングにおける疑問やトラブルに少しでもお役に立てれば幸いです。

コインパーキングで精算する番号を間違えた時の対処法

コインパーキングで精算する番号を間違えた時の対処法は、すぐに管理会社に連絡する事です。

管理会社によっては、返金などの対応を取ってくれる可能性がある為です。

ただ、精算する番号を間違えたのは利用者の過失なので、ほとんどの管理会社は返金などの対応はしてくれないでしょう。

偶然そのタイミングで、間違えた番号の車の持ち主が帰ってきた場合には、直接交渉してみても良いかもしれません。

番号が薄くて分かりにくい場合や、番号が見えにくい場合でも、自己判断で精算して番号を間違えてしまうと、利用者の過失となる可能性があります。

少しでも疑問に思った場合は、すぐに管理会社へ問い合わせて正しい番号を案内してもらうのが、一番無難な方法になるかと思います。

コインパーキングで精算する番号を間違えた時の対処法は、すぐに管理会社に連絡する事です。

番号を間違えない為の予防法

コインパーキングで精算する番号を間違えない為の予防法をご紹介します。

この方法を知っておく事で、確実に番号間違いを減らす事が出来ます。

まず1つ目に、6番と9番を間違えない事です。

6と9は逆さまに見ると同じなので、間違いを犯しやすい番号になります。

コインパーキングによっては、番号の下にアンダーラインを引いて間違いを予防している事もあります。

2つ目の予防法は、4番に気を付ける事です。

コインパーキングでは4番が欠番となっているケースがあり、3の次だから4だとか、5の前だから4だと決めつけて精算するのは危険です。

元々4という数字は日本では不吉な数字とされており、特に病院などに併設されているコインパーキングでは、死を連想させる事から必ずと言っていい程に使用が避けられています。

以上の2つを知っているだけでもかなり番号間違いは減ると思いますが、一番重要なのは番号の再確認である事は言うまでもありません。

コインパーキングで精算する番号を間違えない為の予防法をご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました