ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの履き替え時期について。

皆さんこんにちは。purosaku24です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

今回はノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの履き替え時期について。

この件のお話しをさせて頂きます。

  • ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの履き替え時期はどう判断するの?
  • 履き替える時期が遅れたらどうなるの?

このような疑問をお持ちの方にはひとつの例として参考になると思いますので、もしよろしければご覧ください。

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの履き替え時期は結構判断が難しいですよね。

寒くなってきてノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに履き替えたけど、次の日から暖かい日が続いたり・・・

暖かくなってきてスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに履き替えたけど、次の日から寒波が来て雪が降ったり・・・

この記事が皆様のカーライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

それではいきましょう。

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの履き替え時期について。の結論

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの履き替え時期について。

の結論としては次の2つが挙げられます。

  1. 近くの一番高い山の頂上付近に雪が積もればスタッドレスタイヤを履くタイミングです。
  2. 近くの一番高い山の頂上付近の雪が無くなればノーマルタイヤを履くタイミングです。
  3. 寒い時期にノーマルタイヤは危険が多いです。
  4. 暑い時期にスタッドレスタイヤは無駄が多いです。

それぞれの項目を説明させて頂きます。

近くの一番高い山の頂上付近に雪が積もればスタッドレスタイヤを履くタイミングです。

これは昔タクシーの運転手さんに聞いた話しです。

近くの一番高い山の頂上付近は、その地域で一番気温が低くなる場所です。

そこに雪が積もると、その寒気がいつ平地に降りてきてもおかしくありません。

つまり平地で雪が降る確率がグンと高くなります。

このタイミングが、スタッドレスタイヤを履くタイミングです。

*ここでいう一番高い山とは、富士山やアルプスなどの山ではなく、主に1000m前後の山を指します。富士山やアルプスなどは年中雪があったりしますので。

近くの一番高い山の頂上付近の雪が無くなればノーマルタイヤを履くタイミングです。

これも昔タクシーの運転手さんに聞いた話しです。

繰り返しになりますが、近くの一番高い山の頂上付近は、その地域で一番気温が低くなる場所です。

そこの雪が無くなるということは、気温が上がり暖かくなってきている証拠です。

つまり平地で雪が降る確率がグンと低くなります。

このタイミングが、ノーマルタイヤを履くタイミングです。

*ここでいう一番高い山とは、富士山やアルプスなどの山ではなく、主に1000m前後の山を指します。富士山やアルプスなどは年中雪が解けなかったりしますので。

寒い時期にノーマルタイヤは危険が多いです。

これは当たり前のことですが、寒い時期にノーマルタイヤを履くことは危険リスクが多くなります。

雪が降ったり凍結した場合はスリップする可能性が高くなります。

雪が降ったら乗らないという方もおられますが、出発時には雪が無くても、出先で短時間に雪が積もるということも、近年の気象状況から見て十分に考えられます。

また凍結路は目に見えて分かりづらく、特に夜間のブラックアイスバーンなどは早期発見出来るものではありません。

それでも慣れれば、路面の反射や色などで凍結路を見分けることが出来るかもしれませんが、危険であることに変わりはありません。

暑い時期にスタッドレスタイヤは無駄が多いです。

スタッドレスタイヤが古くなり、履き潰すからといって夏もスタッドレスタイヤを履いている車を時折見掛けますが、あまりおすすめ出来ません。

気温が高い状態でスタッドレスタイヤを使用すると、まず寿命が極端に短くなります。

スタッドレスタイヤは柔らかいゴムで出来ていますので、熱い路面上ではかなり早く摩耗します。

また、スタッドレスタイヤはその柔らかさとトレッドパターンから、転がり抵抗が大きく、燃費に悪影響を与えます。

もったいないから履き潰すといって、暖かい時期にスタッドレスタイヤを履いて燃費を悪化させては本末転倒です。

スタッドレスタイヤは寒い時期専用と考えたほうがいいと思います。

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの履き替え時期について。のまとめ

今回は、過去にタクシーの運転手さんからお聞きした事例も交えて、ご紹介させて頂きました。

タクシーやバスは晴れの日も、雨の日も、雪の日も走ります。

天気や季節を読む知恵が、自然と身に付くのではないでしょうか。

ノーマルタイヤ・スタッドレスタイヤの履き替えタイミングは諸説ありますが、私はプロの現場から出た情報を信用したいと思います。

今回もpurosaku24のブログをご覧頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました